AGAと真剣に向き合う
専門医療機関による複合発毛治療

AGAの治療は専門医師のいる病院で!

TVのCMや新聞広告、電車の中のつり革などで「AGA」という文字を見ない日は無いように思います。「AGA」という言葉が知れ渡り、薄毛治療すなわちAGAは病院で治療するべきものなのだという認識が高まってきていると思います。ですが、本気でそのAGAなのかどうか、またその治療を効果的に行い、処方薬以外の発毛治療(複合発毛治療)を実践しているクリニックを探すのはとても難しいことです。
当院では、相談者のみなさんの薄毛の悩みが軽減、解消されるとこを第一にメンタル・生活面などの視点から治療に取り組む為の頭髪治療病院ネットワークを持っています。
是非一度、ご相談ください。

AGAとは何か?

Androgenetic Alopecia

※「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称であり、日本語では「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」(そうねんせいだつもうしょう)と呼ばれるものです。
頭頂部の毛髪が薄くなってきたり、生え際などが後ろに後退していったりする進行性疾患のことであり、日本の成人男性に割と多く見られる脱毛のタイプの事を言います。
よく誤解されがちな「円形脱毛症」などという症状もありますが、「円形脱毛症」はAGAとは違う脱毛原因を持つ疾患であり、発毛メカニズムも異なるのでかんたんに見分けることは難しいものです。医師による診断のもとに正しい治療を行っていくのが大切になります。

メスを使わず効果を実感


「Dr.CYJヘアフィラー」に含まれるペプチドという物質は、毛髪の成長を促す遺伝子やタンパクの発現を促す作用があり、脱毛などを引き起こす遺伝子の発現を抑制し、毛髪細胞が死滅するのを抑制したりすることが生体外実験において証明されている物質です。臨床効果においても、薄毛の頭皮の血液の循環が促進されて、毛包の再活性化や毛包のサイズアップによって毛髪の成長が認めらるという結果を得ています!

若年層で多く見られるAGA

AGAの発症する年代などは様々で、これまでは主に30代で発症する事が多いとされてきました。
しかし、近年10代〜20代の若年層でも発症するというケースが増えてきています。
生活習慣の乱れやストレスなどによるホルモンバランスの崩れなどが主な原因である他に先天性な遺伝による発症なども見られるようになり、自身の健康を保つためにも早めの対処が必要になるケースが増えてきています。
※AGAは病気ではありません。

AGAの原因となるもの

毛髪にはヘアサイクルというものがあります。一定の期間が過ぎたあとで自然に毛髪が抜け落ちそしてまた生えてくるという繰り返しの仕組みのことです。
誰しも一生の間抜けない毛髪などありえないのです。
このヘアサイクルが正常であれば薄毛とは無縁の状態を保つことが可能です。
男性の毛髪が生えてから抜けるまでの1サイクルは3年から5年と言われています。その中には
「成長期」「後退期」「休止期」と言われる期間があります。
毛髪の質は成長期の長さで決まって来るものであり、その周期はランダムなものです。
ですので数十万本という毛髪が全て一度に入れ替わるなどという事はありえないので、抜けたまたは生えた実感を得ることは極めて難しいです。

ヘアサイクル

AGAの疾患の出た男性に数多く見られる無毛ではなくうぶ毛が生えている状態。この状態の時はヘアサイクルが乱れており、成長期の期間が非常に短い為、太く成長し硬毛になるまで成長することはなく抜け落ちてしまいます。
成長期が短いほどヘアサイクルは早くなり、毛髪は細く短い状態のままサイクルを終えます。
成長に欠かせない毛根や毛穴の状態が悪化している場合があり、その改善は非常に難しくなってしまうこともある為に早めの治療がおすすめです。
このヘアサイクルの乱れの原因となるものには個人差があり、
一人ひとり脱毛の原因となるものが違っている為、専門医師の診断の下、より良いなAGA治療を行って行くことが不可欠です。
成長期1(~1年) 毛母細胞が分裂を開始し、新しい毛髪をつくり始めます。
成長期2(2~6年) 毛母細胞が活発に活動し、新しい毛髪が太く硬くなり成長を続けます。
退行期(2~3週間) 毛母細胞の力が弱まり、毛髪の成長が止まります。
休止期(数カ月) 成長が止まった毛髪は抜け落ちます。この状態がしばらく続き、 成長期へと再度進みます

治療の流れ

当院のAGA治療は専門医師による現状の維持以上の発毛活性化を目指した治療です。
※治療にはサプリメント、内服薬を使用します。

01

問診/カウンセリング

(はじめに患者様と十分なカウンセリングを行い、あなたの毛髪の悩み・疑問などをお伺いします。)

02

写真撮影

「写真撮影」(効果測定といいます)を行います。
その治療による経過観察をし、発毛効果を的確に判定する目的があります。

03

問診

頭部の状態を専門の医師が診断を行って行きます。
その際にAGAやそのメカニズムなどの説明、今後の治療内容や期間、使用する薬、費用の面の説明などを行います。

04

採血

使用する薬を投与しても大丈夫か身体の状態を検証し判断します。

05

処方/ホームケア

二種類の薬、「フィナステリド」「ミノキシジル」、サプリメントや独自に開発されたシャンプーを処方します。

06

次回来院

約1ヵ月毎に頭髪の発毛状態の診断を行っていきます。

費用

初診料+血液検査・血圧測定 ¥14,040(税込)
オリジナル発毛セット ¥25,000(税込)

そのリスク、副作用について

・フィナステリドについて
唇や顔面の腫れ/胃部不快感/肝臓の酵素値の上昇(※肝機能が悪い方は服用NG)/性欲減退/勃起不全/精子減少/睾丸通/じんましん/発疹
※胎児に影響が出る可能性があるため、女性は服用しないでください。
・ミノキシジルについて
眠気/頭痛/倦怠感/体重の増加/白血球減少/血小板減少症/多毛/血圧低下/浮腫/吐き気/嘔吐/動悸/心拍数の増加/
※髪の毛以外の他の体毛も増えてしまう可能性あり。
※降圧剤として使用する際、通常は50~60mgの用量ですが、発毛治療では5mgの使用となっています。

よくある質問

治療を施しても毛が生えないことはありますか?
元々毛穴が存在しない箇所、脱毛してかなりの時間が経過している場合などは発毛が見込めない可能性があります。しかし、現在までご年配の方であっても年相応の変化を実感していただけております。
治療は1回だけでも良いですか?
はい可能です。しかし、発毛を実感していただくためには半年〜4ヵ月程度を目安にして頂く事をおすすめします。
未成年であってもAGA治療は受けられますか?
処方される薬におきまして、未成年の方には有効性が認められておりません。したがって20歳未満の方への治療は行いません。申し訳ございません。
健康保険は適用されますか?
頭髪に関する治療は保険適用外となります。 そのためすべて自費診療になります。